SPI工法(空気が設計した家)

外断熱・自然通気工法

SPI工法(空気が設計した家)は、外断熱・自然通気工法です。
外断熱というのは、断熱方法の一つで建物の外側に断熱材を施工する方法です。
自然通気というのは、建物内の「換気」を機械を使わず自然の対流でおこなう方法です。
SPI工法(空気が設計した家)は、これらのテクノロジーにより夏は涼しく、冬は暖かい「家づくり」を実現しています。

省エネの家

最近よくいわれる「省エネ」「エコ」「ロハス」「低炭素」・・・等々、どんな「家づくり」が省エネの家なんでしょうか。
省エネ法で省エネ基準というものが定められていて、その基準を満たした家が一般的に「省エネ住宅」といわれています。
そしてこの省エネ法の基準は、空調エネルギー(エアコン)の効率に関しての基準なのです。
つまり、エアコンを使うことを前提としたものです。
SPI工法はもちろんこの基準を満たしていますが(SPI工法は全国で一番最初に認定された次世代省エネ基準適合工法です)、「省エネ」に関しては少々考え方が違います。

SPI工法では、できるだけエアコン(エネルギー)を使わずに暮らしていける「家」が「省エネ住宅」と考えています。
省エネ家電を使うことが「省エネ」ではなく、本来は使わずにすむ方が「省エネ」だと思います。
「使う」ことから「使わない」生活になれば、それだけで「省エネ」ではないでしょうか?
これは暑さ・寒さを我慢するべきという意味ではありません。

衣替えする家

SPI工法は性能の高い断熱材で家を包み込み、自然の空気の流れ(対流による)を確保できるように設計・施工します。
夏場であれば、熱気を外に放出していつも家の中に風が流れている状態にします。
冬場は密閉することにより、家の中の暖気を外に逃がさないようにします。
そして、結露が起きにくいように換気経路を設計します。
SPI工法は人と同じように、夏は袖の無い服を着て風通しをよくし、冬はセーターやコートを着て暖をとる、そんな衣替えする家のイメージです。
より詳しい工法の技術的な話はこちらをごらんください。